二次会幹事のお願い

結婚式二次会の幹事役は、友人・知人に依頼するケースが多いです。
二次会幹事は重要な役割であり、親しく信頼の置ける人、幹事経験がある人はとくにおすすめです。
なお、幹事がしなくてはいけないことは多岐にわたります。
ときには休みの時間を潰してまで、結婚式の準備をしなければいけません。
人選ミスは、二次会の失敗につながるため、幹事役の人は期間に余裕を持って慎重に決める必要があります。
なお、幹事が具体的に何をするのかについては、別項にして解説しています。

幹事役にはどういう人が合っているのか述べましたが、条件を満たしているからといって、遠方に住んでいる人や、仕事などで多忙を極めている人にお願いするのはよくありません。
仮に引き受けてくれたとしても多大な負担がかかりますし、打ち合わせを十分に行なえず、準備が思いどおりに進行していかないようなことになると、当日に間に合わなくなる恐れがあります。

結婚式二次会というのは、ほとんどの場合は会費制になります。
準備が終わるまでのあいだにも費用がかかるため、お金の出入りはたびたびあります。
スムーズに会計を済ませるには、幹事役の人以外に会計役の人を確保すると、新郎新婦や幹事役の人の負担が軽くなります。
最初に新郎新婦が二次会の予算分を預け、お金の出し入れをしてもらったり、収支の記録を残してもらいましょう。
また、二次会当日の集金方法などまで細かく相談し、ルールを決定しておくと、当日混乱することがありませんし、金銭トラブルの防止にもつながります。



<特選サイト>
予算から二次会景品の目録を用意できる専門店です ―> 二次会景品 目録